ワインで現実逃避はもう止めた

このところ、ストレスが溜まり、現実逃避でワインに逃げていました。というのも、以前、知っている経営者が、「趣味は乗馬かワインだよ」と話していたからです。ということで、近くのコンビニでワンコインワインを買ってみたのですが、何か味気ない。もっと高級なものが欲しい。
そこで、もっと気分を高めるために、まずヤフオクでワインクーラーを購入。そして、ワイングラスも用意。最後に、いざ、ワイン、というところまで来たのですが、何を買っていいのか解らない。はい、我ながら、かつてはワイン検定のテキストを購入した人間です。結局、ベタですが、ヤフオクでシャトーの安いものを買うことにしました。詳しくは覚えていませんが、大体5000円くらいだったかな。それからというもの、頭の中がワインで一杯。いわゆるワインで現実逃避。そして、いざ、ワインが到着すると、早速味見してみることにしました。
「おぉ、なかなか美味い」
一口目はさすがに感動しました。これがシャトーか、と。ところが、2口目からは、あまりなにも感じなくなってしまい、ただ気分が高揚して、テンションが高くなるだけの状態に。それからというもの、チビチビとワインを口に含ませるのですが、いまいち満足感はない状態。それどころか、思考力が大幅に低下しているような気がしてならなくなったのです。でも、アルコールの怖いところで、中毒性があるのか解りませんが、なかなかワインを手放せなくなってしまいました。まさにアル中状態で、常にワイン片手に、という状態。そして、アルコールが入っていた方が、頭の回転が早くなるという知識もそれを肯定しました。別に昔からお酒が好きだった訳ではありません。きっと他にストレスのはけ口がなかったからだと今振り返れば思います。
そんなワイン漬けの状態が一週間ぐらい続いた頃、仕掛かり中の仕事が全然進んでいないことに気付き、理性が「さすがにこのままではまずいな」と訴えるようになりました。特に、酒を飲みながら仕事をする人なんて水商売ぐらいしかないぞ、と。そこで、買ったばかりのワインクーラー、ワイングラス、ワインボトルを全てゴミ箱に投げ込みました。ところが、意思が弱いもので、一度ゴミ箱に捨てても、「もったいない」とまた戻してしまう始末。そんな情けない行為を何度か繰り返した後、結局全て捨てることに成功しました。
前述したように、元々お酒を毎日飲んでいる習慣があったわけではないので、特に禁酒(禁ワイン)をしても、苦痛はありませんでしたが、多少、お金の無駄遣いしたかな、という後悔は残りました。それと、はっきり変わったのは、健康面では思考力が元に戻った事です。仕事に集中できるようになりました。作業効率も上がったように思います。ワインを片手にしているときは、なにか意識が朦朧とするところがありましたが、禁酒してからは、思考力が高まったように思います。それから、血流や顔色も良くなりました。無理して禁酒する必要はないと思っていますが、やはり、常時お酒を口に含んでいるのはまずいなと反省しています。

他にもこんな体験談が⇒みんなの禁酒口コミ体験談@禁酒の効果・体に起きた変化など

更新履歴

DHAサプリ